2013年6月24日月曜日

Xperia arcとXperia ray向けにFirefox OSをビルドしてみた

はじめに

docomo Galaxy S2 (SC-02C) docomo Galaxy S3 (SC-06D) に引き続き、
Xperia arcとXperia rayに対してFirefox OSをビルドしてみました。

動画はこちら


写真はこちら
Xperia arc


Xperia ray


ビルドの前に

日本版のXperia arcとXperia rayに対して、Firefox OSを含む非公式のロムをインストールするためには
bootloader unlockをする必要があります。私はOmniusというツールを使って行いました。
arc向けの解説はこちら、ray向けの解説はこちらが参考になります。
無料のunlockツールとしてはs1toolというものがあるようなので、そちらでも良いかもしれません。

なお、経験上ですが、Xperia rayを公式の最新OSにアップデートするとbootloader unlockできなくなるように見えました。
古い公式OSに焼きなおしても状況は変わらないので、穴がふさがれる?
なお、新品のrayの白ロムを買えば問題なくbootloader unlockできました。
Xperia arcの場合どうなのかはちょっとわかりません。

このあたりは自己責任でお願いします。

というわけで、ビルド法は以下の通りです。これまでと同様、
solaさんによる「Keon と Peak が届かないので、Nexus S を Firefox OS 端末にしてみた
によるビルド法を踏襲したものになっています。
また、ビルド環境の構築にも上記のsolaさんのページを参考にしてみてください。

なお、以下では通常のFirefox OSとsolaさんによるBoot to JCROMのビルド法の
両方を解説します。

ソースの準備

ソースを下記のようにダウンロードします(環境によりますが30分~1時間くらいかかります)。

$ mkdir ~/b2g_work
$ cd ~/b2g_work
$ export B2G_WORK=`pwd`

(arc用にビルドするときは)
$ export DEVICE=anzu

(ray用にビルドするときは)
$ export DEVICE=urushi

$ git clone https://github.com/neuralassembly/B2JC.git B2G
$ cd B2G

通常のFirefox OSをビルドする場合は下記を、
$ ./config.sh $DEVICE

Boot to JCROMをビルドする場合は下記を実行します。
$ ./config.sh $DEVICE-b2jc

次に、Xperia arcまたはrayの /system ディレクトリのダンプを
ソースツリーに配置するのですが、ここではビルド済みCyanogenMod9のファイルを用いることにします。

$ mkdir $B2G_WORK/B2G/backup-$DEVICE
$ cd $B2G_WORK/B2G/backup-$DEVICE

(arcの場合、http://download.cyanogenmod.com/?device=anzu から
cm-9.1.0-anzu.zip をダウンロードしてここに配置、
 rayの場合、http://download.cyanogenmod.com/?device=urushi から
cm-9.1.0-urushi.zip をダウンロードしてここに配置)

$ unzip cm-9.1.0-$DEVICE.zip
$ cd $B2G_WORK/B2G/device/semc/$DEVICE/
$ ./extract-files.sh

以上の操作により、以下が作成されます。
$B2G_WORK/B2G/vendor/semc/anzu/  (arcの場合)
$B2G_WORK/B2G/vendor/semc/urushi/  (rayの場合)

さらに、Xperia rayでは傾きセンサの向きが逆になる(海外版と日本版の違い?)ので、 以下のパッチ当てを行います(rayのみ)。

$ cd $B2G_WORK/B2G/vendor/semc/urushi/proprietary/etc/
$ wget https://dl.dropboxusercontent.com/u/69652790/patch/b2g-urushi-sensors-conf.patch
$ patch < b2g-urushi-sensors-conf.patch

高解像度対応、日本語対応など

この章で行う操作はsolaさんによるものを流用させて頂いております。

また、この章の内容は、通常のFirefox OSをビルドするときのみ行ってください。
Boot to JCROMをビルドする場合は次の「いくつかの修正」へ進んでください。

下記のように日本語辞書を用意します。

$ cd $B2G_WORK
(naist-jdic-0.4.3.tar.gzを http://sourceforge.jp/projects/naist-jdic/releases/ からダウンロードして配置)
$ tar zxvf naist-jdic-0.4.3.tar.gz
$ cd $B2G_WORK/B2G/gaia/apps/keyboard/js/imes/jskanji/dict
$ mkdir ipadic
$ cp $B2G_WORK/naist-jdic-0.4.3/naist-jdic.dic ipadic/
$ make json (この命令は環境変数LANGの値によっては失敗します。ja_JP.utf8 にセットすればよいです)

いくつかの修正

Xperia arcとrayに固有な問題の修正を行います。

電池残量や充電状況の取得に失敗する点、
画面ON時にHOMEボタン裏のLEDが光りっぱなしになる点を以下で修正します。
以下のようにパッチをあてます。
$ cd $B2G_WORK/B2G/gecko/hal/gonk/
$ wget https://dl.dropboxusercontent.com/u/69652790/patch/b2g-GonkHal.patch
$ patch < b2g-GonkHal.patch

また、Xperia arcのみ、下記でOTAアップデートを無効にします。
Xperia rayでは既にこのパッチは適用済みなので不要です。
$ cd $B2G_WORK/B2G/gaia/apps/system/js/
$ wget https://dl.dropboxusercontent.com/u/69652790/patch/b2g-update_manager.patch
$ patch < b2g-update_manager.patch

環境変数設定

環境変数設定を行います。

$ export LOCALE_BASEDIR=$B2G_WORK/B2G/multilocale/gaia-l10n
$ export LOCALES_FILE=$B2G_WORK/B2G/multilocale/languages-japan.json
$ export PATH="$PATH:$B2G_WORK/B2G/multilocale/compare-locales/scripts"
$ export PYTHONPATH="$B2G_WORK/B2G/multilocale/compare-locales/lib"
$ export MOZILLA_OFFICIAL=1
$ export GAIA_DEV_PIXELS_PER_PX=2

kernel のビルド

ここは自分でkernelをビルドしたい人のみ行って下さい。
既に日本版のkernelを配置済みなので飛ばしても問題ないです。

kernelはCyanogenMod9のkernelを用います。

$ cd $B2G_WORK
$ git clone https://github.com/CyanogenMod/semc-kernel-msm7x30 -b ics
$ cd semc-kernel-msm7x30

$ export ARCH=arm
$ export CROSS_COMPILE=$B2G_WORK/B2G/prebuilt/linux-x86/toolchain/arm-eabi-4.4.3/bin/arm-eabi-

$ make cyanogen_$DEVICE_defconfig
$ make -j16
$ cp `find drivers net -name "*.ko"` $B2G_WORK/B2G/device/semc/$DEVICE/
$ cp arch/arm/boot/zImage $B2G_WORK/B2G/device/semc/$DEVICE/kernel

ビルドと書き込み

以下のようにビルドを行います。

$ cd $B2G_WORK/B2G
$ ./build.sh otapackage

ビルドが終わると、
arcの場合  out/target/product/anzu/full_anzu-ota-eng.username.zip
rayの場合  out/target/product/urushi/full_urushi-ota-eng.username.zip
ができていますので、これを焼きます。

ダウンロード

ビルド済みパッケージはこちら

Xperia arc


Xperia ray



書き込み


あらかじめ、端末にfastbootとadbで接続できるよう、ドライバをインストールしておいてください。
まず、ビルドしてできたzipファイルをSDカードに配置しておきます。
また、あらかじめzipファイルからboot.imgを取り出しておき、PC上に置いておきます。 

次に、端末の電源を切り、arcの場合はメニューを押しながら、
rayの場合はボリュームアップキーを押しながらPCのUSBポートに接続します。
fastbootモードに入り、arcはUSBポートの横のLEDが、rayはホームボタンの周囲が
青く光るはずです。 そこで

$ fastboot flash boot boot.img

を実行し、boot.imgを焼きます。次に、以下のコマンドで再起動します。

$ fastboot reboot

Free Xperia Projectのロゴが見えている状態で、arcはメニューボタンを連打、
rayはボリュームダウンキーを連打します。 どちらも、成功するとホームキー周囲のLEDが点灯し、
CWM recoveryに入ります。

 CWM recoveryにて、wipe data/factory reset を実行後、
install zip from sdcardから、作成したzipファイルを焼いてください。

できることとできないこと

下記のような感じです。ほぼグローバル端末と変わらないからでしょうか、通話と3Gが使えます。
アップデートの通知が来ますが、アップデートしないでください。

arcもrayも解像度は480×854なのですが、これくらいの画面サイズが
Firefox OSには適しているようで、結構快適です。

あとはカメラをなんとかしたいですね。

通話-
3G通信-
Wifi-
SDカード-
カメラ×アプリ起動しないです
音楽再生-
動画再生-


おしまい

日本語化や高解像度の設定、odapackageの作成などにはsolaさんによる変更を
使わせて頂きました。感謝です。

Xperia arcとXperia rayでドッキング


こちらもどうぞ


Link to xda developers

このページを元にした議論やビルド成果へのリンク

Discussions and binaries based on this page are available in the following URLs.
Please note that these threads are not offered by me. My account in XDA is neuralassembly.

Many people are reporting that they applied OTA update, but it should not be applied to your device
because this update is for another device (maybe for unagi), not for arc nor ray.
When you applied the OTA update, the resolution of the Firefox OS becomes wrong.
The correct resolution is shown in the pictures in this page.



21 件のコメント:

  1. Make a thread on Xda and build for more devices like Smultron,mango,coconut and you will make a lot of people happy :D

    返信削除
    返信
    1. I found a link to this page in XDA forum :-)

      削除
  2. i get some eror when try to comile code can you shere your boot.img and system.img of arc ?

    返信削除
  3. Please share your build for Ray (shown in the pic). Thank you.

    返信削除
  4. My Xperia ray struck after installation its only showing Sony Ericson and couldn't boot firefox os

    返信削除
    返信
    1. Have you tried
      "fastboot flash boot boot.img"?
      boot.img is included in zip file.

      削除
    2. Thank You for the response.I have done with "fastboot boot boot.img" then device started with Xperia free project then i changed to cwm recovery mode and installed firefox from zip. On restart my phone unable to boot firefox os. Could you help me please.

      削除
    3. The other thing is I have not rooted the device i only unlocked the bootloader is that a problem.

      削除
    4. Flashing the boot.img is required, i.e., "fastboot flash boot boot.img".

      削除
    5. Thank you Takashi Kanamaru. I will give a try and let you know the status.

      削除
    6. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
  5. Thank you its working fine the only problem is camera please let me know if you have compiled a stable release.
    thotasrinath@gmail.com

    返信削除
  6. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
    2. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
    3. Thank you for your information. I will check it later.

      削除
  7. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  8. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. I have tried both "ngiordano/android_hardware_qcom_camera" and "yjwong/android_hardware_qcom_camera", but nothing have changed.

      Even if crashing camera is avoided, I think that it is not a progress because camera is still not working.

      In my opinion, the directory "hardware/qcom/camera" would not be required because CyanogenMod9 for urushi does not use it
      (My port is based on CyanogenMod9.)

      Finally, I have other works and projects, so please do not ask for ETA.

      削除
  9. こんにちは。FireoxOSに憧れ、このブログを見てarcの白ロムを買い、OSを焼くことにに成功したものです。感謝しています。
    ところで、このバージョンで日本語を入力するためにはどうすればよいのでしょうか。
    よろしくお願いします。

    返信削除